自分で解消する

トイレのつまりはとにかく困りものです。特に水回りのいろいろなトラブルの中でも、一番専門業者にも見せたくないところ。特にトイレがつまるときには、トイレを使ったタイミングで起こります。流したいものがつまってしまってあふれたり、あふれそうになってしまうことがほとんどなので、そんな状態を業者の人に見られたくないと思うのも当然のことではないでしょうか。

そのため自分でなんとか解消したいものです。もちろん水を流せばあふれてしまう可能性があることは注意しなければなりません。つまっていても時間とともに水が引くことがほとんどです。そんなときにはラバーカップを購入しておくといいでしょう。ラバーカップですっぽん、すっぽんと吸引することでつまりが一気に解消することも多いはず。ただしそれでも水が引く程度かもしれません。完全に水が引いたらもう一度タンクの水を流してみると、その水力で流れることもあります。

それでも駄目なときには、汚物を溶かして形を小さくさせるという方法も。ある程度水が引いたら、約50度程度のお湯に洗濯や掃除に使う重曹があれば、それも大さじ1杯ほど入れてバケツ半分程度流し込みます。重曹とお湯で10分程度すると便の形が小さくなり、そこにもう一回水洗を流すと、つまりが解消することもあります。それで駄目なら業者を呼ぶようにしましょう。

トイレがつまったら

水回りの中でも一番困るのがトイレのつまりトラブルではないでしょうか。誰でもトイレがつまるとパニックになってしまうのではないでしょうか。そこでまずトイレがつまってしまったときに行うことを、考えておきましょう。トイレにトラブルが発生していないときにこそ、つまったときの段取りをしっかり考えておくようにしたいものです。それによって焦ることなく対処できます。

まずトイレがつまったら、夜中でもすぐに修理に来てもらえるような、24時間対応の水回り専門業者の連絡先をチェックしておくこと。冷蔵庫の横にでも貼っておくと便利です。しかしその前に準備として、ラバーカップ(すっぽんとも言われています)を物置にでも置いておくといいでしょう。価格も安いので1つあると、ほとんどのつまりはそれで解消します。それでも駄目なときには、24時間対応の業者に連絡を入れるようにしましょう。

24時間対応の業者と言っても、やはり修理に来るまで2時間ぐらいかかる場合もあります。そのためその間のトイレの確保を考えておくことも大切です。マンションのエントランスにトイレがある場合などはそこを利用できますが、一軒家や共同トイレのないマンションなどは近くの公園のトイレやコンビニのトイレなどを利用することができます。このようにもしものときにはどうするかということも、しっかり考えておけば、焦ることなく乗り越えられるはずです。

水回りにトラブル発生

水回りに問題が発生したときは水漏れやトイレのつまりなど、とても焦る原因にもなります。トイレのつまりの場合は、あふれてしまう場合もありとても不衛生。またトイレを使用できないという問題も発生します。そのため、すばやい対応が必須となるのです。そしてそのようなトラブルは、いつ発生するか分かりません。しかし夜中など一般の水道関係の会社の営業時間外に起こることも。そのため24時間いつでもすぐに対応してくれる水回り専門業者などをチェックしておくといいでしょう。いつ起こってもいいように、冷蔵庫などに電話連絡できるようにしておくと、焦らずに落ち着いた対応ができるのではないでしょうか。

水回りのトラブルというと水道の蛇口から水があふれ、噴水のようになってしまうこともあります。一瞬焦りますが、蛇口を止めれば一応止まるのでとにかく止めることが大切です。またお風呂などの排水がうまくいかずに、捨てたお湯が戻ってしまうということも。やはり不衛生なので、できるだけ早めの修理が必要です。しかし何と言ってもトイレトラブルが一番困るのではないでしょうか。水洗タンクにトラブルが起こって流れない、流れるけど止まらないということも。しかしこの場合は水道の元を止めておくなど応急処置ができますが、一番困るのはトイレのつまりです。つまってしまうと汚い汚水がどんどん増えてあふれることもあります。また次にトイレをすることができないなど、緊急を要するため24時間営業専門業者がおすすめです。

水回り・トイレのつまりの解決策とは